So-net無料ブログ作成

Twistybutt 2016の話 [バイク]

早くも来年のTwistybutt 2016 がアナウンスされた。
5月1日だそうな...http://tougeexpress.com/
HPでは650kmとか言ってるけど、実際去年は680km走ったぞ!


ちょっとTwistybuttのご紹介
小田原(太平洋側)から新潟の上越市(日本海側)まで高速は使
わず、下道(嫌ってほどの峠道)を駆け抜けるツーリングです。 早朝4:30に小田原市魚市場を出発します。 ↓去年はこんな感じでレクチャーを受け出発。 oda001.jpg oda002.jpg レクチャーを受けているところ... 英語分かんないんですが 警察に捕まっても、俺には電話するな! みたいなこと言ってました。 出発してちょっとは集団で走りますが、皆ペースが違うので30分も すると2~3人のグループになります。待ってるような親切心は彼ら は持ち合わせておりません。TwisybuttのHP上には「安全で思いや りのある走行を」なんて書いてありますが、ハッキリ言って嘘、ウソ です。 嘘がないとすれば「過酷な道のり」ってことぐらいなものかな? 参加申し込み後に送られてきたガーミン用のルートファイル.GPX だっけかな?を頼りにナビとにらめっこしながら進みます。 私はガーミンナビは持ってないので、お友達のカナダ人R氏の後に くっ付きながら走りましたが、彼ら外人様達はいくらナビ見てると はいえ、よくもまぁこれほど日本の土地をスイスイと走れるものだと 感心してしまいます。 走るルートは私のテリトリーじゃないので、一つ一つの峠名まで覚え てませんが、麦草峠やビーナスライン、白根山など名所も組み込まれ たルートで、時間があるときにしっかりと観光したらきっと素晴らしい んでしょうね。 だけど、距離が距離だけに休むこともままならず、散々峠道を走らされ あまりにギヤチェンジしたものだから左脛が吊ったのは覚えております。 fuji001.jpg 外人様達は日本の道交法知ってる? っていうペースで走ります。 また、いくら何でもそれはあり得ないでしょ! と思うこともしばしば... どうせ本国に帰れば、日本の点数なんて関係ないのかな? sira001.jpg そうこうしながら12時間以上走り続けてTwisybuttのゴール地点、上越市 の日本海岸に到着。ここまでたどり着くにはどんなに早くても薄暮になって しまいます。ホントへとへとで、夕日なんか見ることないから、早くホテル行 ってビール飲もうよ...の気分 jou001.jpg 宿泊は上越市内の「門前の湯」というところが常宿になってるらしく、各 個人で予約を入れておきます。 風呂上がりの一杯がめちゃ旨かった! 宴会最後にルートマスターから参加賞が配られました。↓ st.jpg 良くも悪くも自己責任が徹底されてて、実際に捕まったり途中で事故ったり して、なんのサポートもなくその場から帰宅になった方が若干名... それはそれでいのだけど、自分が同じ立場だったらと考えると、何かしらの サポートが...と考えるのが日本人なのかな? 650km、実際はそれ以上の超ロングルートツーリング(殆ど修行みたい) だけどやりがいと達成感は想像以上に大きかったです。 そんなTwistybuttですが、日本人が少なく英語もペラペラ話せる訳でもない ので、宴会中とかちょっと寂しいんです。少しは外人様達も日本語話せる のだけど、基本英語です。ネイティブな英語が頭上を行き交うと、ポカーン となってしまい寂しくなります。 誰か日本人の方、参加していただけない でしょうか? ちなみにTwistybuttの翌日は、R氏ととも彼のお友達の某外人居留地の 別荘にお邪魔し、その後長野県内をもう一度ツーリングして帰りました。 sb01.jpg なんの仕事してるのか分からないけど、お金持ちなんですね。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。